子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)鳥取ユニットセンターホームページ
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
エコチル調査とは

エコチル調査について

 

エコチル調査について

環境省では2011年から日本中で10万組の子どもたちとそのご両親に参加していただく大規模な疫学調査「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」を開始しました。

「エコロジー」と「チルドレン」を組み合わせて「エコチル調査」です。

赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時から13歳になるまで、定期的に健康状態を確認させていただき、環境要因が子どもたちの成長・発達にどのような影響を与えるのかを明らかにします。
エコチル調査の結果から、子どもの健康や成長に影響を与える環境要因を明らかにし、子どもたちが健やかに成長できる環境、安心して子育てができる環境の現実を目指していきます。

お父さんのエコチル調査への参加は希望される方のみです。
同意いただいた場合、参加登録を行い、採血及び質問票の記入をお願い致します。参加された場合、採血及び質問票の記入は1回のみとなります。

 

エコチル調査参加人数

鳥取ユニットセンターでは、2014年3月24日に母の参加者数が目標の3,000人に達成しました。
また全国の参加者数も、2014年3月20日に100,000人に達成しました。

エコチル調査参加人数

 

エコチル調査から期待されること

近年、大気汚染が深刻な問題となっており、黄砂やPM2.5などさまざまな汚染物質の話題を耳にする機会が増えました。なかでも子どもは大人より影響を受けやすいのではないかと考えられているため、かつてない大規模かつ長期的なこの調査をすることによって、有害な化学物質などが子どもたちの成長・発達にどのような影響を与えるかを明らかにし、解明するのが目的です。

子どもたちが健やかに成長できる環境や安心して子育てができる環境を目指します。

子どもたちの病気・不健康が増加しています
近年増加している疾患

現在、小児に着目した疫学調査が国内外で計画・実地されています。

エコチル調査対象地域一覧

 

このページの先頭へ