子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)鳥取ユニットセンターホームページ
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
スタッフブログ

流行りの、、、『デジタルデトックス』!??

 お盆が過ぎ8月も後半戦ですね、猛暑+コロナの夏休みも終盤にさしかかりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか、どんな夏をお過ごしでしょうか?
 この暑さのなかの外遊び、付き添いの大人がヘトヘト&室内で楽しいところないかな、と探すもどこも人混み&あまり子どもをメディア漬けにもしたくないと思いながら、子どもたちは大喜びの絶賛youtube kidsなんて話はママ同士の会話のあるあるでしょうか・・・

 我が家の子どもたちも、例にならい幼稚園児同士の会話に『チャンネル登録はこちらをクリック!』なんて言葉も聞こえてき、時代の変化に柔軟に対応とは言ってもねぇ・・・と複雑な心中で、子にリモコンを渡す母です。結局リモコンを渡すわたし。。。

 さて、最近のわたしはというと、この夏の暑さと子どもたちの夏休みのわちゃわちゃに打ち勝つ思いで、携帯で音楽を聴きまくっていたところ、なんと携帯電話が壊れてしまいました。原因は定かではないのですが、おそらく年季の入ったバッテリーに負荷がかかりすぎて、全く充電できなくなってしまいました。

 新しいのに買い換えたいなぁと思いながらも、端末も値上がりしているし、まだ、そんなに長い間使っているわけでもないし、、、と思いとどまり修理に出すことに。契約しているキャリア・プランでは代替え機の貸し出しなどが無く、修理に出す間、全くの携帯なしの状態になってしまいました。

 流行りのデジタルオフ生活とやらを体感してみようではないか。
 『ネット断ち』『IT断食』『デジタルデトックス』流行りワードいざ実践!

 手元に、携帯がなくなって気づきました。
 わたしは日々どんだけにスマートフォンに依存した生活を送っていたことか。

 用があってもなくても、ついつい画面の明かりをつけて新着がないか確認してしまう。もう、もはや無意識の作業。
 子どもたちが寝たあとに、やっと一日で自分の自由な時間が来たと、まず携帯を開いてみる。

 ラインでのやり取り、何か調べたいことがあれば、頭を使う前にまずグーグルを開く、オンライン決済、ポイントカード、ネットバンキング、仕事の連絡、幼稚園の連絡、病院の予約、ラジオ、音楽、マップ、ネットスーパー、ネットショッピング、SNS、、、、、

 あげればキリがない。携帯がないって本当にとっても不便。 だけど、たった一つのあんな、手のひらにおさまる小さな電子機器に私の生活のすべてを持って行かれているような気持ちになり恐怖を覚えるわたし。携帯がなくなると、こんなに不便な生活になるという事実を築き上げてしまったのは自分ではないかと。

 思いがけずの『デジタルデトックス』実践になりましたが、とても良い機会でした。
 子どもたちは、親や大人の行動をとってもよくみていて、わたしがあんなに携帯をひっきりなしに触っていたら、子どもたちもこれが普通だと思ってしまっているだろう。子どもには、携帯で調べる前に、まず自分で考える力を身に着けてほしいと願う。今回のコロナでこんなにも対面で直接会って過ごすことの偉大さを感じているのに、親のわたしが、こんなにネット社会に依存しているようじゃダメだ、と思い返すことができました。

 よく、スマートフォンやネット社会との上手な付き合い方を、なんていいますが、考えるきっかけになって携帯が手元に戻ってくるまでの約一週間、最初のソワソワした気持ちはどこかへ行き、落ち着いた気持ちで情報リテラシーをアップしたいと思うようになりました。

 みなさんも是非!
 短時間のデジタルデトックスおすすめです。

 ゆるやかな気持ちで過ごせるような気がしました。

8月イラスト(木戸)

スタッフ A・K

このページの先頭へ